Archive for 2月, 2014

がん治療には、まず正確な情報を

現代の医学はがんを「治る病気」に変えました。それでも、長期で多額の治療期間、転移や再発などの不安はいまだつきまとっています。もしがんにかかったとしても大切なことはあわてないことです。冷静に情報を集め、適切な治療計画を主治医と一緒に進めていきましょう。あわてない、短絡的に「死ぬかもしれない」などと絶望しないためにも「正確な情報」は必須です。 「がん治療と向き合うための情報サイトこちらのサイト(がん治療の参考ホームページ)は、がんの「正確な情報」がたくさん載っています。がんにかかったら、まず一番に見てほしい総合情報サイト「がんを学ぶ」、種類別と部位別に最新治療情報の載っている「がん治療最新情報」、部位別に多量の情報を集めた「がん情報サイト」、治療費シミュレートができる「がん治療費.com」、がん患者と家族が情報交換できる場の「ガン患者の集い」。がん治療から治療費、各種サポート、患者の声など、がんにかかったら知りたい情報がほぼ揃っています。 「がん治療と向き合うための情報サイト」には、「がんについての知識」コンテンツもありますので、各サイトで詳しい情報を読む前に、こちらでがんについての大概をつかんでおくといいでしょう。いろんな正確で最新の情報を知れば、がん治療に関する不安は少しでもやわらぐはず・・・だと思います。

最近増えている農家レストランって何だ?

最近耳にする機会の増えた農家レストランというのはいったいどういったものなのでしょうか?名前からある程度想像がつく人もいるかもしれませんが、農家や地域で生産されたものを飲食店として提供する施設が農家レストランの定義になっているようです。 一般的には農家が直接経営をしているレストランなどが農家レストランと呼ばれることが多いですね。よりカジュアルな形態で運営しているのが農家カフェです。 これらの施設が増えている要因としては、食品偽装の問題が相次いだこともあって食の安全に対する関心が高まってきていることや農家のあいで自分たちで新しいものを作っていく、起業志向が高まっているといったものがあります。特に従業員がすべて女性のみの農場がメディアで特集されるなどしたように、女性の間でその傾向は強くなってきているようです。 農家レストランの魅力は、何よりも食の安全性です。そのお店が自分たちで栽培したものを提供しているわけですから、安全かつ新鮮な食材をいただくことができます。お店によっては農業体験を実施しているところもありますし、農業をより身近に感じることができるのも人気の要因になっているようです。 最近は食育に力を入れている自治体も多いですので、楽しみながら農業について知ることができる農家レストランは、今後も継続して増えていきそうな気配ですね。