最近増えている農家レストランって何だ?

最近耳にする機会の増えた農家レストランというのはいったいどういったものなのでしょうか?名前からある程度想像がつく人もいるかもしれませんが、農家や地域で生産されたものを飲食店として提供する施設が農家レストランの定義になっているようです。

一般的には農家が直接経営をしているレストランなどが農家レストランと呼ばれることが多いですね。よりカジュアルな形態で運営しているのが農家カフェです。

これらの施設が増えている要因としては、食品偽装の問題が相次いだこともあって食の安全に対する関心が高まってきていることや農家のあいで自分たちで新しいものを作っていく、起業志向が高まっているといったものがあります。特に従業員がすべて女性のみの農場がメディアで特集されるなどしたように、女性の間でその傾向は強くなってきているようです。

農家レストランの魅力は、何よりも食の安全性です。そのお店が自分たちで栽培したものを提供しているわけですから、安全かつ新鮮な食材をいただくことができます。お店によっては農業体験を実施しているところもありますし、農業をより身近に感じることができるのも人気の要因になっているようです。

最近は食育に力を入れている自治体も多いですので、楽しみながら農業について知ることができる農家レストランは、今後も継続して増えていきそうな気配ですね。

Leave a Reply